平成30年度「一日看護体験」を開催いたしました! 2018年8月16日
 


高校生一日看護体験を開催しました!

8月1・3日の両日、看護師を目指す愛知県内の高校生を対象に1日看護体験を開催しました。今年度は、5校21名の学生さんが参加してくださいました。

白衣に着替えて、緊張した表情を浮かべている方もいれば、初めてのユニフォーム姿に学生同士で似合っているか確認しながら笑顔になる方もいました。全員が看護師や医療に関わる職業に就きたいと思っており、仕事内容や患者さんとの接し方など、積極的に看護師に質問していました。そして患者さんの髪や手足を洗う看護体験や車椅子移動の介助を行いました。

 

 

「看護師さんはずっと忙しそうで頭も体も使ってとても大変そう。でも笑顔で患者さんに接していて、心遣いが素敵だった。」「今回の体験で、より看護師になりたい気持ちが強くなった。」「患者さんの笑顔をみるのがすごく楽しくて、やりがいのある仕事だと思った。」など、私達にとってもうれしい感想を聴かせてくれました。足を洗わせていただいた患者さんからは、「気持ち良かったよ。ありがとう。」と声をかけてもらい、『ありがとう』という言葉の重みを感じ、あらためて看護師になりたい気持ちが強くなった方もいました。

 

 短い時間でしたが、看護体験を通し、多くのことを感じとっていただけました。当院の看護師は、病院・看護部の理念のもと、安心して療養生活が送れるよう、患者さんに寄り添った温かい看護を大切にしています。これからも、たくさんの学生さんに看護体験をしていただき、看護の魅力を伝えられたら、そして同じ道を志す仲間になっていただければと思います。

 

 

 

最後に、今回参加してくださいました学生さん、協力していただいた患者さんに感謝申し上げます。

 

 
このページの先頭へ