呼吸器感染症センターの開設について 2016年6月2日
 


トピックス 呼吸器感染症センターの開設について

平成28年4月より呼吸器感染症センターを開設いたしました。細菌性肺炎、インフルエンザなどの一般的な呼吸器感染症に加え、肺結核、肺非結核性抗酸菌症、肺真菌症などさまざまな呼吸器感染症に対して、専門的な最高レベルの診療を提供していきます。そのために呼吸器内科医と呼吸器外科医が共同して毎週ケースカンファレンスを行い外科治療も含めた最良の治療法を決定しています。咳、痰などの呼吸器症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

医療機関のみなさまにおかれましては、呼吸器感染症の専門的な診療を希望される患者様や、セカンドオピニオンを希望される患者様をひろく受け入れておりますので、ぜひ当院の呼吸器感染症センターにご紹介ください。なお感染症専門外来を新たに毎月第1・3火曜日の午後1時30分~午後4時30分に開設しました。従来通り呼吸器内科新患外来・予約外来で呼吸器感染症患者さんを受け付けております。どうぞご利用ください。

  • センター長            小川賢二 (副院長)
  • 結核症部門長           山田憲隆 (第1呼吸器内科医長)
  • 非結核性抗酸菌・細菌感染症部門長 中川 拓 (微生物・免疫研究室長)
  • 真菌・ウイルス感染症部門長    林 悠太 (呼吸器内科診療医長)
  • 外科感染症部門長         山田勝雄 (呼吸器外科医長)
  • センター医師           垂水 修 (呼吸器内科医師)
  •   〃              福井保太 (呼吸器内科医師)
  •   〃              八木光昭 (呼吸器内科医師)

☆2016年5月31日(火)中日新聞朝刊健康面の紙上診察室「慢性肺アスペルギルス症の治療」Q&Aに当院呼吸器感染症センター長の記事が掲載されました。

2016年10月22日(土)9時30分~12時、メルパルク名古屋にて東名古病院主催市民公開講座「長引く咳や痰で悩んでいませんか?―近年急増している非結核性抗酸菌症(肺MAC症)を知りましょう―」を開催いたします。講演内容や参加要領などの詳細につきましては、8月下旬ごろにホームぺージ・その他でお知らせいたします。

 
このページの先頭へ