地域医療連携室の業務

 | WORK OF REGIONAL MEDICAL COOPERATION ROOM
地域医療連携室の業務

 東名古屋病院は、地域一般医療と急性期後の亜急性期、回復期医療を担う医療機関として、350以上の病院、医院、クリニック、診療所などの医療機関と前方連携を、また地域の多くの在宅医療、在宅介護を担う医療機関や施設と後方連携を図っております。

 当院の地域医療連携室は、医療社会事業専門員、退院調整看護師、地域医療連携室及び医療相談室専任事務職員を配置し、患者さんからの医療相談、登録医の先生方や連携病院の先生方との相互連携を行うことにより、患者さんによりシームレスで良質な医療の提供に努力しております。
 また、当病院では、地域医療連携による検査機器の共同利用が行われています。最新鋭の放射線検査機器にてCT検査、MRI検査、ラジオアイソトープ検査などの放射線学的検査を行い、平成生19年よりCT,MRI検査では造影検査も開始いたしました。

また、画像診断は、放射線科専門医により画像診断報告書が作成され、当日~翌日には紹介元の医療機関へ返信できる体制をとっています。放射線学的検査のみの対応も受付ております。 詳しくは、地域医療連携室までお問い合わせください。

受付時間:月曜日~金曜日 8:30~17:00                               スタッフ:地域医療連携室長・・・副院長(併任)
     地域医療連携副室長・・・・経営企画室長(併任)                                                                                                (紹介相談)
     地域医療連携係長・・・・・・・・・                                        医療相談係長・・他医療ソーシャルワーカー 3名
     地域医療連携室事務・・・・・・・・・非常勤 3名                                                                              (退院調整)
     退院調整看護師長・・・他退院調整副看護師長 1名
 
このページの先頭へ