当院における臨床研究について

当院における臨床研究について

当院で行われる臨床研究における個人情報保護の方策

当院では、匿名のアンケートやインタビュー調査など介入を行っても侵襲を伴わない研究、診療録のみを用いて介入を行わない研究、あるいはこれまでに患者さまから採取された資料を用いた研究が行われています。「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針カルテ」に示されているように、これらの研究をホームページ上に載せて、それぞれの研究における個人情報保護の方策をおしらせいたします。

○C型肝炎ウィルス駆除後の肝発癌予測に関する研究

○Parkinson病のDatを用いた黒質・線条体系変性評価とその臨床上の意義についての検討

○ドパミントランスポーターシンチグラフィを用いた多系統萎縮症における線条体病変の縦断的及び横断的評価

○非結核性抗酸菌群DNA検出試薬「cobas MAI」に関する相関性評価

○結核菌群DNA検出試薬「cobas MTB」に関する相関性評価

○免疫抑制患者に対する13価蛋白結合型肺炎球菌ワクチンと23価莢膜多糖体型肺炎球菌ワクチンの連続接種と23価莢膜多糖体型肺炎球菌ワクチン単独接種の有効性の比較 -二重盲検無作為化比較試験-

○病理検体を用いた研究

○神経難病患者における自宅訪問指導による転倒予防効果の検証

○進行性核上性麻痺におけるDaT SPECT検査の有用性の検討

○専門医制度と連携したデータベース事業について

 
このページの先頭へ