西3階病棟

西3階病棟

急性期病院からリハビリ目的とした亜急性期、回復期の脳血管障害の患者さんや在宅療養中の神経難病の患者さんの入院を受け入れています。リハビリ目的の患者さんには脳卒中連携パスを用い、回復リハビリ病棟と連携をとりながら障害の回復と退院後の生活に向けて支援を行い、また他職種とのカンファレンスを行い患者さんやご家族のニーズに応え回復にむけての到達目標と治療認識を共有しチーム全体で実施しています。

入院後、病状スクリーニングを行い、リハビリを含めた治療開始となり、障害の受容、高齢化に伴う合併症の増加、介護に関わるご家族の負担など様々な角度から医療介入を行っています。患者さんの訴えにじっくりと耳を傾け日々リハビリに取り組み日常生活動作が上昇していく患者さんのサポートできることがわたしたちのやりがいです。患者さんの笑顔を大切にして患者さんの回復に向けて共に歩む医療を目指しています。

 
このページの先頭へ