北1階病棟

北1階病棟

(重症心身障害児(者)病棟)
障害者自立支援法に則り、医療と福祉を提供している病棟です。患者さんの年齢は3~67歳と幅広く、重度の発達障害に身体障害・心身障害を合わせ持ち、これらの障害による合併症や心身の状態を把握するため、きめ細やかな観察力・洞察力が重要です。また医師・看護師・児童指導員・保育士・療養介助員・看護助手・理学療法士に加え、7名の就学児には養護学校の教諭も関わりチーム協働で看護をしています。また病棟では治療の場でもあり、生活の場でもある為、年間を通して季節行事や、野外行事等を取り入れ視覚・聴覚・ボディータッチ等の刺激から快表情を引き出す様にし、QOLの向上に努めています。
 

 
このページの先頭へ