病院の歴史

 | HISTORY
病院の歴史

昭和43年 9月 旧国立療養所梅森光風園と旧国立八事療養所が統合し、国立療養所東名古屋病院として発足
history_ryouyouhistory_yagoto
昭和48年 4月 附属高等看護学院2年課程(定時制)
昭和49年 4月 附属 高等看護学院3年課程 開般
昭和50年 7月 神経内科 開設
10月 重症心身障害児(者)病棟 開棟
昭和51年 4月 難病(神経)病棟 開棟
昭和52年 11月 循環器病棟 開棟
昭和53年 8月 理学診療棟 開棟
昭和54年 4月 附属リハビリテーション学院 開設
昭和56年 12月 デイケア棟 竣工
昭和57年 3月 呼吸不全病棟 開棟
昭和58年 4月 整形外科病棟 開棟
昭和59年 3月 RI診療棟・研修棟 竣工
昭和61年 12月 無菌手術室 竣工
昭和63年 11月 外来診療棟(薬剤科)、管理棟2階(臨床検査科) 竣工
平成15年 4月 臨床研究部 設置
平成16年 3月 東名古屋病院付属看護学校閉校
平成16年 4月 独立行政法人国立病院機構 東名古屋病院と改称
平成20年 7月 (財)日本医療機能評価機構から区分3(一般病床200~499床)(Ver5.0)の認定を受ける
平成21年 7月 回復期リハビリテーション病棟 開棟
平成24年 9月 病院情報システム(電子カルテ) 導入
平成25年 12月 ぬくもりサポート館(回復期リハビリテーション病棟・重症心身障害児(者)病棟・難病(神経)病棟の一部・リハビリ訓練棟の更新) 開棟
 
このページの先頭へ