言語聴覚療法

 | SPEECH AND LANGUAGE THERAPY
言語聴覚療法

対象 言語障害及び、摂食・嚥下障害、高次脳機能障害のある方になります。
対象疾患 脳血管疾患、神経難病、がん疾患、重症心身障害児(者)
訓練内容 言語訓練、摂食・嚥下訓練をします。

わたしたちは「ことば」によってお互い の気持ちを伝え合います。「聞く」「読む」 「話す」「書く」といった「ことば」による コミュニケーション能力が、脳卒中や神経難病 などさまざまな病気によって障害される場合が あります。
言語聴覚療法では、年齢、原因疾患、経過、症状 などを個別に評価し、治療プログラムを立て、 それぞれの患者様に最適な訓練を行います。
また、食べ物の飲み込み障害を持つ方々に対し 評価、訓練、援助を行います。
 wq

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
このページの先頭へ