理学療法

 | PHYSICAL THERAPY
理学療法

対象 主として運動障害のある方になります。
対象疾患 脳血管疾患、神経難病、呼吸器疾患、整形外科疾患、がん重症心身障がい児・者
訓練内容 関節可動域訓練、筋力向上訓練、呼吸訓練、起居移動動作訓練、応用動作訓練をします。

病気やけがなどにより、麻痺や関節の可動域制限、息切れなどが生じると「起き上がる」「座る」「立つ」「歩く」などの基本的動作に支障をきたし日常生活が困難となります。
理学療法では、日常生活に必要な動作、特に乗り移り動作・歩行を中心とした移動動作の獲得を目標として、その方に合わせた運動療法を実施しています。
リハビリテーション室だけでなく、病棟や自然豊かな屋外での運動療法を通して、笑顔を取り戻していただけるように援助しています。
 

 
このページの先頭へ