作業療法

 | OCCUPATIONAL THERAPY
作業療法

対象 運動障害及び、高次脳機能障害、セルフケアの障害、生活関連動作障害のある方になります。
対象疾患 ほぼ理学療法と同様で、脳血管疾患、神経難病、呼吸器・がん疾患、整形外科疾患、がん重症心身障がい児・者です。
訓練内容 つまむ、はなす、つかむなどの上肢機能訓練、食事、更衣などのセルフケア自立のための日常生活動作訓練、調理などの生活関連動作訓練をします。

病気やけケガなどにより、「麻痺で手足が動かない」 「物の扱い方が分からない」「動作の手順が分からない」 「一方を見落としてしまう」などの症状が出ることがあります。
作業療法では、これらの症状によって日常生活に支障をきたした方に対して、もとの生活へ戻れるように援助しています。
具体的には、身体機能の改善を図るとともに、更衣・排泄などの日常生活動作や家事動作の練習を行います。また、退院へ向けて住宅改修などの相談にも対応しています。
 

 
このページの先頭へ