運動器疾患のリハビリテーション

運動器疾患のリハビリテーション

東名古屋病院の整形外科疾患に対するリハビリテーションは、入院患者さんを中心に、大腿骨頸部骨折や上腕骨骨折・腰椎圧迫骨折等の四肢・脊椎の骨折、股関節や膝関節などの変形性関節症、関節リウマチなど様々な患者さんに対応しています。自宅復帰を目指して術後の急性期から回復期、維持期に至るまで幅広い時期のリハビリテーションを行っています。
また定期的なカンファレンスの開催、リハビリテーションスタッフから看護師へ病棟内訓練を依頼するなど各医療スタッフが協力してより良い医療の提供に日々努めています。
退院時には、円滑な自宅復帰のために運動や生活上の工夫・注意点などについて患者さんご家族に様々な指導も行っています。また必要であれば主治医の指示のもと、外来でのリハビリテーション継続などの支援にも取り組んでいます。
さらに、地域医療機関(名古屋第二赤十字病院・名古屋記念病院・名古屋医療センターなど)との連携にも積極的に取り組んでいます。

 
このページの先頭へ