呼吸器疾患のリハビリテーション

呼吸器疾患のリハビリテーション

東名古屋病院の呼吸器疾患に対するリハビリテーションは、COPD(肺気腫や慢性気管支炎)や肺結核後遺症、間質性肺炎などの慢性呼吸器疾患を有し動くと息切れを感じる患者さんに対して息苦しさの軽減を目的としたリハビリテーションを中心に行っています。肺炎などで臥床状態の患者さんに対しては、早期離床を目的としたリハビリテーションも行っています。
また、医師、看護師、理学療法士で定期的にカンファレンスを行い、患者さんそれぞれの問題点に対しチームで取り組んでいます。呼吸リハビリテーションの専門性を有した理学療法士が複数で対応しており、理学療法士間での検討会も定期的かつ頻回に行っています。私たちは常により良い呼吸リハビリテーションの提供を心がけています。

 
このページの先頭へ