関節リウマチの診断、治療

関節リウマチの診断、治療

整形外科の紹介文でもお知らせしたように、当院では2代前の難波部長の頃から関節リウマチの治療を行っています。リウマチは一度発症すると経過の長い病気なので最初に行う正確な診断に基づく治療が必要です。薬の特徴と患者さんの希望とを考えながら外来で投薬を中心に治療を続けます。また最近リウマチ治療で話題の生物製剤の治療も行っており、結核感染などの副作用の防止のため、充実した呼吸器内科医師の協力のもと安全に配慮しています。長い経過の中で、不幸にも関節が破壊され痛みのために日常生活に支障が出たときには手術を考えます。

 
このページの先頭へ