看護部

看護部

看護部長 星山明代

当院は名古屋市の東部に位置し、緑豊かな自然環境に恵まれた病院です。政策医療(結核、神経難病、重症心身障害児・者の医療)を中核として、ポストアキュートとしてリハビリテーション医療、地域のニーズに応じた一般医療も担っています。
新しく広々とした「ぬくもりサポート館」には、リハビリテーションセンター、神経内科(難病)病棟、重症心身障害児・者病棟、回復リハビリテーション病棟が配置され利用される方々から好評を頂いております。現在は、本館の建て替えに向かって一致団結して経営改善に努力しているところです。
急性期から終末期まで幅広い方を対象とし、障害と共に生きる方に寄り添い、安心して療養して頂けるよう、常に考えプライドをもって看護を提供しています。
院内教育は、国立病院機構独自の能力開発プログラム(ACTyナース)に則り、当院の特殊性に合わせたプログラムで行っています。職員となった看護師が機構の理念に沿った看護を実践できる一人前の看護師になるように、職員全体で支援しています。今年も新しい仲間を迎えました。慣れない環境で様々なエピソードと出逢うと思います。楽しいことばかりではないかもしれませんが、周りの職員と共有し、ひとつひとつ価値のある体験にしていってほしいと思います。
近年、看護師に求められるものは高度化、複雑化する一方です。疲れるときもあると思います。そんなときに自然に声を掛け合うことができ、また、笑顔で働くことができる職場でありたいと思います。是非、一度雰囲気を感じに来て下さい。お待ちしています。

 
このページの先頭へ