一般検査

一般検査

尿や便・髄液、胸水、腹水などの体液を調べます。
色調・性状の観察や、試験紙による検査、顕微鏡検査があります。

尿検査

尿は腎臓で血液を濾過して作られます。腎・尿路系疾患だけでなく心・肝・内分泌その他の諸器官機能や病態を知ることができるので、尿検査はスクリーニング検査としても重要です。また、採血のような苦痛を伴わずに採取できるメリットがあります。

尿定性検査

尿糖・蛋白質・ビリルビン・ウロビリノーゲン・潜血・ケトン体等を測定します。

尿沈渣

尿を遠心分離し沈渣成分(赤血球・白血球・円柱成分・結晶成分・細菌・がん細胞など)の有無を顕微鏡で調べます。

便潜血検査

消化管からの出血の有無を調べる検査です。肉眼では識別できないごくわずかな出血を検出します。
感度や特異性の違いにより免疫法と化学法があります。大腸癌・痔疾患等で陽性になります。

髄液・腹水・胸水の検査

性状や色、細胞数、化学的数値などを調べます。

 
このページの先頭へ