血液検査

血液検査

血液中に含まれる有形成分である、白血球・赤血球・血小板などの形態や数量を調べます。
貧血の有無や炎症の有無、血液疾患の診断の指標とします。

血球算定

赤血球・白血球・血小板などの細胞数や赤血球中のヘモグロビン濃度を測定することにより炎症・貧血・出血傾向の有無などをみています。

血液像検査

血液中の細胞の形態を顕微鏡で観察します赤血球や血小板の形態、白血球の細胞種類の比率をみます。(好中球・リンパ球・単球・好酸球・好塩基球)
この検査は様々な血液疾患の診断には欠かせない検査です。

血液凝固・線溶検査

血液を固まらせたりいったん固まった血液を溶かしたりする働きをもつ成分を検査します。
この検査は手術前には必須でありまた、抗凝固作用のあるお薬を服用されている場合薬の効果をみるためにも重要な検査です。

 
このページの先頭へ