生化学検査

生化学検査

主に、血液(血清)中に含まれる物質を化学的に分析します。現在ではほとんどの項目が自動分析装置で測定され、検体が微量で  正確かつ迅速に測定することが可能です。
血清タンパク・酵素・有機塩・糖質・脂質・血清電解質などを検査します。尿やその他の体液なども検体となる場合があります。

生化学検査

血清中の蛋白・酵素・電解質等の成分は病態によってさまざまに変動します。
測定主項目:
総蛋白・アルブミン・総ビリルビン・直接ビリルビン・AST(GOT)・ALT(GPT)・LD・CK・アミラーゼ・血清グルコース・尿酸・尿 素窒素・クレアチニン・総コレステロール・遊離コレステロール・トリグリセライド・HDL-コレステロール・LDL-コレステロール・ナトリウム・カリウム・クロール etc..
この検査は、健康状態や病気の診断及び治療の判定に役立ちます。

血糖・HbA1c(ヘモグロビンA1c)検査

糖尿病の診断やコントロールの指標となる血糖値・HbA1c値を測定します。
血糖値・・・採血した時点における血液中の糖の量を表しています。
HbA1c・・・過去1~2ヶ月の血糖値の平均を表しています。

 
このページの先頭へ